Excel(エクセル)VBAで、ある文字列から指定した文字列を右から・後ろから探す方法を2つご紹介しています。住所データの分割などに使える方法です。 文字列の右側や左側から指定文字数を削除するには 具体的には、右側の削除はLeft関数とLen関数、左側の削除はRight関数とLen関数を組み合わせます。 おさらいですが、文字列の一部を切り出す関数のLeft、Mid、Right関数は以下のような動作をします。

n 文字削除するというよりも 文字数 – n 文字分、逆方向から残していく数式になります。 そのため左からはright関数、右からはleft関数を使用します。 なおrightb関数、leftb関数、lenb関数を使用するとバイト数での削除になります。 VBA関数の「InStrRev関数」で対処とした文字列の中から、指定した文字列を後ろから検索する方法をご説明します。 後ろから文字列を検索する際に使用すると非常に便利な関数です。 また、Insrt関数同様に部分一致する文字列を含んでいるか検索する場合にも使用できます。 文字列全体の文字数をLen関数で確認し、 全体の文字数から、指定した文字数の数を引いた余りの数を Left関数の引数とする事で、文字の削除ができます。 Excel VBAにおける文字列の置換方法には、 ・Replace関数 ⇒文字列の中から指定した文字列を置換 ・Replaceメソッド ⇒セル範囲の中から指定した文字列を置換. 文字列を削除する. エクセルで、文字列の右から(後ろから・末尾から)n文字を削除したい場合、len関数とleft関数を使う方法があります。 ここでは、例えば「あいうえお」の2文字目から3文字削除して「あお」にするように、文字列内の指定した位置から指定した長さを削除する方法を紹介します。 右から2文字削除する例 解説. 例1 Dim str As String = "あいうえお1234"文字列の中の1234だけ削除したい場合は、str = str.Remove(5,4)という風に、5文字目の後から4文字削除にすればよいのですが、例の"あいうえお"の部分の長さが毎回処理する度に異なる場合は の2種類があり少々ややこしいですが、今回はReplace関数の方をご紹介します。

Teach For Japan 批判, ThinkPad トラックポイント 勝手に動く, エクセル 曜日 違う, ミス キョウコ セール, セレナ スライドドア ロック 予約, ドラッグ すると 黒くなる, 新 百合 ヶ 丘 く ぼ 皮膚科, タッカルビ 野菜 レシピ, 豚バラ 厚 切り 角 煮, レッツノート ホイールパッド ドライバ, Thinkpad タッチパッド 使い方, IBooks PDF 移動, ガールズバンド 解散 2019, Windows ISO Download, SK-II ピテラ 口コミ, オーストラリア 変圧器 アイフォン, 寝相 布団 ずれる, マイプロテイン 届かない シンガポール, マウンテンパーカー ロング ショート, マイクラ Pc 統合版 Mod, Beats ノイズ キャンセ リング 性能, 名言 引用 英語, CSV ダウンロード ダブルクォーテーション, コロンビア ダウン アウトレット, 近 大 アメフト 2ch, 荒野行動 画面が勝手に 動く, ダイナマイトが 百 五 十屯 意味, PS4 マウスキーボード APEX, あんスタ Music 引き直し, ビジネスリュック レディース 大容量,